代襲相続人

代襲相続人

代襲相続とは

相続人になるはずだった人が、被相続人が死亡するより先に死亡し、または相続欠格や廃除によって相続権を失った場合、その人に代わって、その人の直系卑属が相続人となることがあります。
これを「代襲相続」といい、代襲相続する人を「代襲相続人」といいます。


代襲相続が生じる場合

代襲相続は、相続人になるはずだった人が被相続人の子供の場合と、兄弟姉妹の場合に生じます。

子供についての代襲相続

被相続人の子供の子供(被相続人の孫)は、代襲相続人とります。
孫も被相続人の死亡以前に死亡し、または相続権を失った場合、孫の子供(被相続人のひ孫)がいれば、代襲相続人とります。

このように、子供については複数回の代襲相続が認められています。

また、子供の代襲相続人には、遺留分もあります。

兄弟姉妹についての代襲相続

被相続人の兄弟姉妹の子供(被相続人の甥、姪)は、代襲相続人とります。
ただし、甥、姪も被相続人の死亡以前に死亡し、または相続権を失った場合、甥、姪の子供がいても、代襲相続人とはなりません。

このように、兄弟姉妹については1回しか代襲相続が認められません。

また、兄弟姉妹には遺留分はありませんので、その代襲相続人にも遺留分はありません。

父母については?

相続人になるはずだった人が父母の場合、父母ともに被相続人の死亡以前に死亡し、または相続権を失った場合、祖父母がいれば、祖父母が相続人となります。
しかし、これは民法がそのように定めているためであり、代襲相続ではありません。


代襲相続人の法定相続分

代襲相続人を含め、法定相続分については以下のリンク先のページに掲載しています。

相続について
弁護士事務所案内

横浜の弁護士
横浜都筑法律事務所
〒224-0032
横浜市都筑区 茅ケ崎中央42-21
第2佐藤ビル304
電話:045-350-8424