• HOME
  • >
  • 遺言書があった場合

遺言書があった場合

遺言書があった場合

遺言書とは

遺言書は、被相続人が、生前に、自分の財産の死後の行方について、何を誰に取得させたいかなど書き残したものです。
遺言書があった場合の相続の問題について、以下それぞれ、見出しをクリックしていただければ、ご説明ページへ移動できます。


遺言書と相続の関係

相続は、遺言書がある場合とない場合とで大きく異なります。相続になったら、遺言書の有無を確認するのが先決といえるでしょう。


「相続させる」という遺言

遺言書に、ある財産をある相続人に「相続させる」と書かれている場合、特別の事情のない限り、何らの行為を要せずして、被相続人の死亡の時に直ちに、その遺産はその相続人に承継されるとされています。


遺言の解釈

遺言書に書かれた内容には趣旨が明確でないこともあります。そのような場合、遺言の解釈が問題となります。