• HOME
  • >
  • 相続人の廃除

相続人の廃除

相続人の廃除

相続権を被相続人の意思で剥奪

相続人の廃除とは、被相続人の意思によって、法律に定められた一定の事由(条件)がある、遺留分を有する推定相続人(兄弟姉妹以外の推定相続人)の相続権を剥奪する制度です。
被相続人が廃除を家庭裁判所に請求する方法と、被相続人が遺言で廃除の意思表示をして遺言執行者が廃除を家庭裁判所に請求する方法とがあります。


相続人の廃除の事由

相続人の廃除の事由(条件)として、法律は次のことを規定しています(民法892条)。

  • 被相続人に対して虐待をした
  • 被相続人に対して重大な侮辱を加えた
  • その他の著しい非行があった

相続人の廃除と代襲相続

廃除となった者に被相続人の直系卑属があるときは、代襲相続が生じます(民法887条)。