遺留分の権利・侵害

遺留分の権利・侵害

遺留分の権利者

遺留分の権利は、兄弟姉妹を除く法定相続人にあります。子供の代襲相続人にも遺留分があります。
兄弟姉妹に遺留分はありません。このため、兄弟姉妹の代襲相続人にも遺留分はありません。

つまり、配偶者、直系卑属(子供など)、直系尊属(父母など)は、法定相続人に該当すれば、遺留分権利者になります。


遺留分の侵害

遺言書や、被相続人による生前贈与によって、遺留分の権利者に分配される遺産が遺留分より少なくなっているとき、遺留分が侵害されているという言い方をします。

遺留分侵害の回復には手続が必要

その侵害された遺留分は、放っておけば自動的に回復されるというものではありません。侵害された遺留分を回復するためには、遺留分を侵害している人に対して、請求手続をする必要があります。
 
遺留分に関しては、弁護士にご相談・ご依頼なさることをおすすめします。

相続について
弁護士事務所案内

横浜の弁護士
横浜都筑法律事務所
〒224-0032
横浜市都筑区 茅ケ崎中央42-21
第2佐藤ビル304
電話:045-350-8424