遺留分侵害額請求の実現

遺留分侵害額請求の実現

遺留分侵害額を取得する方法

協議または裁判所手続

遺留分侵害額請求をした後、実際に侵害額相当の金銭を取得するためには、相手と協議をする必要があります。 
争いが続いたまま双方が譲らない場合、解決のためには裁判所手続(調停、訴訟)を要します。

遺留分侵害額請求は弁護士にご依頼を

遺留分は、相続財産の一定割合が保障されたものなのですが、その実現のためには、前述のとおり協議または裁判所手続(調停、訴訟)が必要になります。

実際、協議がまとまらず、調停や訴訟になるケースは多くあります。 
遺留分侵害額請求は、弁護士にご依頼なさることをおすすめします。

相続について
弁護士事務所案内

横浜の弁護士
横浜都筑法律事務所
〒224-0032
横浜市都筑区 茅ケ崎中央42-21
第2佐藤ビル304
電話:045-350-8424